Bar TRAUMA 恵比寿 (Ebisu)

Ebisu, Tokyo

Tom's Blog: MISTER MONTEIGH

太文字の単語は、下に日本語の説明が書いてあります。英語を磨いていきましょう!

I wonder whether anyone I know owns a punch bowl?

Not the cheap-as-chips ones you can get anywhere on the high street, I’m talking about one of those late-seventeenth century austere centrepieces that dominate the table, embossed and gadrooned to high heaven with notched rims to hang wine cups from. Like if your fruit bowl was taken hostage by drag queens and returned, beaten to the gods:

bar-trauma-monteith-punch-bowl.jpg

Check her out! Fierce, henny! She be called a monteith punch bowl.

(“Ladies and gentlemen, please welcome to the stage, Monteith Punchbowl!” and a free drink on your next visit to the bar if you get that niche-af reference.)

The origins of the name are shrouded in a touch of mystery but it is generally accepted to have come from an eccentric Scotsman, “a ‘Monsieur Monteigh’ who at that time or a little before wore the bottoms of his cloake or coate so notched U U U U.” While the “fantastical Scot” has never been identified, mentions of him crop up throughout the late seventeenth century, including at the celebration of the English King [Charles II]’s birthday in 1668, “singing, a handsome young swaggering gentleman [with] a good basse but used to sing only tavern songs”.(✳︎この文章が古い英語で書いたので、現在と違った綴りを気にしないでください。)

His namesake vessel became an object of fancy for British nobility, its silver being exotic and patterned with chinoiseries, and the upper classes followed suit around the start of the 1650s. Mercifully, around the 1690s, use of the monteith had permeated down into daily life to the extent that specific ‘Punch Houses’ were established, although these monteiths were made from cheaper materials such as brass, pewter, and copper. Avid readers of Shakespeare will know that punch regularly crops up in his works, arguably the ultimate proof of its uniform popularity; however Brits will be Brits, time period be damned, and the disorderly drunkenness that swept the nation as a result of punch culminated in a banning of spirits by the mid-18th century.

Drastic much?


I wonder ~

慣用句。文章の頭に言う。文章の尻に言う日本語の「かな?」という言葉と同じ。

cheap-as-chips

形容詞。値段がとても安い。「chips」というのは、イギリスでフライドポテトという意味があり、お米の代わりにジャガイモをよく食べるイギリス人にとってめちゃくちゃ安いイメージがあるだろう。なので、「フライドポテトのほど安いもの」という意味になり、言い換えれば「とても安いもの」という意味になる。

austere

形容詞。(ものが)渋い、厳めしい。

to high heaven

副詞。幅広い表現なので、ご注意ください!この場合は、「最大限に」という意味。しかし、他の場合は意味が変わる。例えば「I wish to high heaven that…」の場合には、「是非とも〜できれば願う」。「He complained to high heaven!」の場合には、「大声でツベコベ言ってた」。「The rubbish stank to high heaven.」の場合には、「ゴミはひどい悪臭がした」などなど。

Like if ~

条件文。まるで〜みたいに。

taken hostage

動詞。受身形。(誰かに)人質に取られる。

beaten to the gods

慣用句。うわぁ!この言葉を日本語で説明する事を考えるだけで頭が痛くなる!取り敢えず、普通の意味は「(誰かに)(自分の顔・メイクが)すごくお洒落にされた・綺麗にされた」。よく聞くパターンは「Honey, your face is beat to the gods!」、つまり「Wow, your make-up is amazing! / You look so fierce!」。由来は、元々70年代のアメリカでドラッグクィーン(女装する人)コミュニティに使われた表現だったらしい。最近は物凄く有名な「RuPaul’s Drag Race」というテレビ番組の影響によって、かつてドラッグクィーンにしか使われていなかった言葉がみんなに知られるようになってきたので、このブログに勝手に入れてみました!

henny

名詞。上の「beaten to the gods」という言葉と同じように、元々ドラッグクィーン用語で、「honey」という言葉の変形。

niche-af

形容詞。「Niche」を「ニーシュ」と読む。意味は、ニッチな、特定分野の。「-af」を「エイ・エフ」と読む。意味は、非常に。「-as-fuck」というの略。「fuck」という言葉は失礼なので、人(特に子供)の前に言うのを避けるために、こんな風に略称する傾向がある。

a touch of ~

慣用句。いささかの、ちょっとだけの。

eccentric

形容詞。可笑しい、風変わりの。

crop up

動詞。(ニュアンスは、ちょっと偶然に)現れる。

swaggering

形容詞。横行闊歩という歩き方のイメージからきた「威張った態度の」という意味。ジャック・スパローにぴったりな形容詞。

tavern

名詞。酒場。

namesake

形容詞。人と同名の。

object of fancy

名詞。欲しい物。

chinoiseries

名詞。複数形。

Mercifully

接続語。ありがたいことに、幸いに。

avid

形容詞。熱烈な。

uniform

形容詞。均一な。

~ be damned

慣用句。くたばれ〜

culminate in ~

動詞。末端が〜になる、最後が〜になる。

drastic

形容詞。過激な。

Hours

Mon. - Sat. 19:00 - 5:00
Sun. 18:00 – 1:00

Bar TRAUMA 寅午

東京都渋谷区恵比寿南1-2-6
サンポウ恵比寿ビル7F